現役「貢ぎ男」が教える!M男の本音と女王様に望む5つのこと

エリカ

現役の貢ぎ奴隷に「本音」を聞いてみました

はじめまして。

東京都在住、33歳の裕太郎と申します。

某外資系のIT企業に勤めています。

このたび、エリカ様のブログに執筆させていただく運びとなりました。

この記事では、貢ぎ歴10年になる私が、

貢ぎ男の本音×5

をご紹介したいと思います。

以下を読んでもらうと、貢ぎ男が考えていること、男に貢がせるためのコツが多少分かると思います。

興味のある方はぜひご覧ください。

 

①M男は必ずしも若くて美人が好きなわけではない

まず一つ目の誤解です。

貢ぐ女性は、必ずしも「若くて」「美人」が好まれるわけではありません。

私の友人(M仲間)の中にも、熟女好きはたくさんいますし、40代以上じゃないと興奮しないというM男も複数います。

10代のJKやJC好きを公言するM男もいますが、仮に彼女たちと繋がれたとしても、長続きしないことが大半です。

なぜなら彼女たちは、若さゆえ「貢ぐ」「貢がせる」の関係性を理解していないからです。

「あればあるだけほしい」「奴隷なら自分の好きなように扱っていい」

と思い込んでいる彼女たちに振り回され、関係を解消するパターンを何度も見てきました。

結局、長続きするのはある程度物事を理解した「大人の女性」なのです。

その点で、SMの女王様や人気のキャバ嬢は、M男の扱いに非常に長けています。

また、女王様は「美人じゃないと無理」と言われることもありますが、決してそんなことはありません。

付き合い方次第でハマっていく男性は結構います。

【関連記事】40代以上の「熟女」女王様が貢ぎ奴隷から圧倒的に人気のワケとは?

 

②LINE調教のみで貢がせるのは難しい。最低一度は顔合わせを

続いて、メールやLINEや電話のやり取りのみで貢がせようとする女王様がいます。

しかし、それは個人的には難しいと思います。

仮に私が、人気のキャバ嬢やSMクラブの女王様と繋がることが出来たとしても、メールやLINEだけで貢ぎたいとは決して思いません。

リアルで出会ってくれて、顔を合わせて調教してくれるというのであれば、月に20万円までなら出せます。

私の周りでも100万円くらい出すという男性はたくさんいると思います。

M男の中には、社会的ステータスが高く、余裕がある人も多いからです。

月に何度も会う必要はありません。無理してホテルに行く必要もありません。

ただ、最低一回は出会って、

「この人に貢いでいるんだ」

というのを実感させてほしいのです。

【関連記事】LINE調教って何?出会わずにLINE・メール・電話で貢ぎ奴隷を作る方法

 

③貢いだお金は貯金や生活費ではなく散財してほしい

貢いだ以上、お金は自由に使って頂いて構わないのですが…。

それでも、地味な使い方をされると正直、萎えます。

具体的には、奨学金の返済や税金の支払いや電気・ガスの生活費など…。

M男は女の子の生活の面倒を見たいわけではありません。

そういう男性を求めているのであれば、パパを探してください。

M男の我々は、汗水たらして稼いだお金を、言ってしまえば「無駄遣い」してほしいのです。

ブランド品やエステ代、高級ランチ代など、できるだけ散財してください。

我々が貢いだお金を使って、女性がどんどん綺麗になっていく姿を見ると興奮します。

【関連記事】買い物奴隷を作ろう!男から奢らせる・貢がせる方法教えます

 

④「貢げる?」より「今回はいくら」と厳命された方が興奮する

ここ最近、優しすぎる女王様が増えたように感じます。

付き合っていく過程で、「馴れ合い」のような気持ちが出てくるのは仕方ありません。

しかし、決して主従関係は崩してはいけません。

毎月の上納金についても、

「大丈夫?10万円貢げる?」

ではなく、

「じゃあ今月は10万円ね」

と有無を言わさず厳命してくれた方が興奮します。

「あなたが大丈夫か大丈夫じゃないかは私が決める」というくらいの強いスタンスの女王様が好まれます。

【関連記事】貢ぎ奴隷を募集するときの「相場金額」っていくら?平均額から最高額まで

 

⑤奴隷はペットのような気持ちで愛をもって接してほしい

最後に、奴隷は「ペット」のように扱ってください。

ペットの中でも特に、躾が必要な「犬」をイメージしてもらうと分かりやすいと思います。

普段は厳しくしつけ、命令をきちんと出来たときはご褒美を与えてください。

厳しすぎてもいけませんし、放置し過ぎてもいけませんし、甘やかしすぎてもいけません。

このバランスが大事です。

たまに、搾り取るだけ搾り取って、自分の好きなように扱えばいいと誤解している女性がいます。

(おそらく奴隷という名前が原因なのかもしれません)

奴隷にはご主人様を選ぶ権利があるということを忘れず、自分のペットのような気持ちで愛を持って接してもらえると、確固たる主従関係が結ばれると思います。

 

最後に

以上、今回は貢ぎ奴隷を続ける私が、恐れ多くも貢ぎ奴隷の本音をご紹介させて頂きました。

ぜひ未来の女王様の参考にして頂ければと存じます。

お時間を頂き、まことにありがとうございました。

【まずはココから】貢ぎ奴隷の作り方!あなただけに貢ぎ奴隷の作り方をこっそり教えます

1 個のコメント

  • もうブログは更新していないのでしょうか?
    やはりこうやって何万も貢がせることができる方は美人なのでしょうか?

  • すずき にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。